デビットカードでETCカードをつくることは可能ですか?

ETCカードには、同じように見えても、システムや仕組みが違うために、共有できないカードがあります。

入会登録の前に、基礎知識としてそれを知っておきましょう。

■即時決済型のカードは共有できない。

結論から言ってしまうと、提携するETCカード(クレジットカード一体型)とデビットカードは決済方式が異なるため、デビットカードでETCカードを作ることはできません。

提携のETCカードは、契約したクレジットカード会社のタイミングで毎月の決済が行なわれる仕組みです。

高速道路の利用料金も、それと一緒に月末の指定日に決済されます。

デビットカードは即時決済システムといって、使ったその場で決済されるので、仕組みがまったく異なります。

■ETCカード同士でも合算はできないカード。

たとえばETCカードには先にお話しした一体型のETCカードと、提携していない日本高速道路株式会社が母体の専用カードがあります。

ともにETCカードには違いないので高速道路での利用は可能ですが、ポイントやマイレージを合算することはできません。

それと同じように、システムが異なれば共有することはできません。

いまのところ、デビットカードのようは即時決済型のカードとETCカードが提携する動きもありません。

■ETCカードは大きく分けて2種類あります。

入会登録する前にその違いを知っておきましょう。

基本的にデビットカードのような即時決済型のカードは、決済システムが違うので共用できません。

また、クレジット会社と提携しているETCカードとETC専用カードは、同じように見えても決済システムが異なります。

入会前にそれぞれのカードの違いを知っておきましょう。

Comments are closed.