ETCカードは一家に一枚でも大丈夫?!

ETCカードをたくさん作らなくても、家族で一台の車を共同で使うような場合、だれかが一枚カードを作っておけば、それを共同で使うこともできるでしょう。

ETCカードの利用者に使用料をチャージするシステムなので、運転者が支払うというのを基本にした制度です。

そのため、使用する車が何でも、カードを読み込めば、その人にチャージがいく制度になっています。

たとえば、父親名義のETCカードがあれば、お母さんが運転する時でも、息子が運転するときでも、父親のカードに利用料を一括してチャージしてしまうこともできます。

会社名義のカードがあれば、社内のだれが営業車を使って仕事上で移動をした時でも、会社経費として、会社名義のETCカードに利用料をチャージするだけでOKです。

車載器はさまざまなメーカーから販売されているし、カードも発行元はさまざまですが、規定があるので、組み合わせなどは問題にならないのです。

友人の車ででかける旅行で、行きに自分のカードを使い、帰りに友人のカードを使えば、かかった費用を割り勘する際にも便利です。

一枚持っておけば、日常的に運転はしない人でも、いざという時に渋滞に巻き込まれずに済むので、クレジットカードを作るときに、一緒につくっておくのも良いアイディアでしょう。

Comments are closed.