ETCカードで料金所の渋滞を避ける

ETCカードとそのシステムが一番初めにスタートしたのは、イタリアです。

アウトストラーダというところで、無線式の料金収受システムを始めたのが、ETCカードの始まりだといいます。

日本では1997年に試験的にサービスを導入し、2001年からは正式に一般利用がスタートしました。

利用者は年々増加傾向にあります。

ほぼ全国で使用が可能になっているほか、今後もETCカード専用のレーンは、増加していくでしょう。

しくみはシンプルで、ETCカードを車載器に挿し込んだ状態で、ETCカード専用のレーンに徐行していけば、無線通信を利用して、ETCカードに暗号化して入っている情報と、入口、出口側の情報、料金などが交換されるというシステムになっています。

情報の内容に特に問題がなければ、自動的にバーが開くので、そのまま車を停めずに通過していくという形になるので、料金所付近の定番でもある、渋滞の緩和につながることでも知られています。

スムーズに料金所を通過できれば、ドライブも楽しいもの。

ちょっとしたことだけれど、疲れる車の移動は、できるだけ快適に過ごしたいものだから、料金所付近の停まっては発車するあのイライラした時間は、できるだけ避けて、楽しく出かけたいところです。

渋滞さえなければ、もうちょっと楽しく出かけられるんだけどと思っている人は、やっぱりETCカードの申請をしておきたいところです。

Comments are closed.